「あわ夢まつり」~誕生から現在まで~    記録 松苗禮子

きっかけは「ちば県人形劇まつり」

1996年 ・千葉県南総文化ホール開館

この立派なホールを子ども達の喜ぶ行事に使いたい

     →・教育委員会生涯学習課の課長の強い思い

・実際に方々のイベントに足を運び、たまたま第4回「ちば県人形劇まつり」(市原市会場)を訪れる。観客として感動し、「これだ!」と強く思う。 早速、県の人形劇の役員たちを説得し、「鋸山の向こうに、行くのも良い」との同意をもらい、「第5回を館山会場で」が決まる。

・ところが、人形劇関係者と地元受け入れ側との第1回顔合わせは失敗に終わったらしい。市のサークルの代表者が「行政が引っ張った行事なんて、価値が無い。協力する必要は無い」と言い出し、皆も同調した。課長の面目丸つぶれであったそうだ。

・17年間館山聾学校に勤務し、外部と接触の無かった松苗が、「会議に来てほしい」頼まれる。事前の説明が無く、初めての会議と思っての参加だったが、聞いているうちに事情が読めた。やり取りの一部始終を黙って聞いた後、「行政が引っ張ろうが、誰が引っ張ろうが、良いものは良い。私はやります。」と発言する。会議が終わると、黙っていた人たちが、松苗の周りに集まって来て「手伝います」と言い始めた。これが、「あわ夢」のスタートである。

1997年 プレ企画実施…県人形劇委員会の指導(一年がかりで人形劇の基礎を学ぶ)

★人形劇関係の講座

★人形劇の歴史

★ワークショップ

★地元劇団の旗揚げ(現「あわの実」)

1998年 『第5回ちば県人形劇まつりinたてやま』開催

結果! 2,000人の観客の入りで大成功!

実行委員会のメンバーは、充実感・達成感に酔う

       ↓

自分達の力に驚く

 

⒉「あわ夢まつり」の誕生! 自分達の力で頑張ろう!

1999年  第1回「あわ夢まつり」 開催

・会場  千葉県南総文化ホール

・方法 「ちば県人形劇まつり」を踏襲  ★入場券はワッペン

 (300円売り・公募デザイン)

・目標   ①地元の優れた文化の掘り起こし

      ②さまざまなジャンルからの選択

      ③子どもたちへの優れた文化の伝達

・構成

①ステージ発表 (小ホール300人・大会議室100人の観客収容)

②ホワイエブース 子どもたちと障害者とのふれあいを目標に

 ・障害者の作業所製品販売コーナー

 ・館山市PRコーナー

③託児(小会議室)………母親支援

④公募のボランティア50人~100人 障害のある若者も支える力に

 ・プログラムめくり

 ・大道具、小道具担当

 ・連絡係担当

★出演団体の増加から 大ホール使用へ

・2001年 第3回より前日、当日の2日間 全館貸し切りに

 ホールへの支払い金額 800,000円を超える

・2003年 第5回より市の事業形態が変わる

委託方式→補助方式

館山市主催→市との共催に

 

⒊ 継続の危機―補助金の削減  第1の危機

 ・資金難→自己資金を稼ぎ出そう! ⓵不用品を集めてのバザー

                  ②ワンコイン興業

会場;幸田旅館大広間(演奏・語り・腹話術)

結果;頑張ったが、収入としては、いくらにもならないのが判明

・「プログラムに広告を入れたら?」の提案

広告取りに踏み切る条件

1)Á4紙を8等分し、1マスを2,000円

   2)商店・企業・病院等趣旨に賛成ならOK

   3)手順       ①週間前に完成してスポンサーに届ける

             ②お礼としてワッペンを1枚差し上げる

             ③当日、ホール正面に、前頁を拡大して貼る

             ④演技の合間に司会者が、公告を紹介する。

結果;広告が集まり、評判も良い

 

・「ワッペンの特典を増やそう!」の提案

既に、館山市立博物館では、8月末日まで入館無料の特典を実施

         館山市   「南房パラダイス」

      鋸南町   「菱川師宣記念館」

      南房総市  「シエークスピア・カントリーパーク」

施設から、8月末まで「入場・入館無料」可の申し出であり→4つの特典に

★これに関しては行政に繋がる実行委員の尽力が大きい。例;大人800円=無料

 

⒋不況による「ワッペン特典取り消しの危機」 第2の危機

「南房パラダイス」「シェークスピア・カントリーパーク」が指定管理者に

 

⒌幸運の女神現る……まだまだ開拓できる!

★ワッペン特典の増加     ・館山市立博物館

               ・鋸南町「菱川師宣記念館」

         新規に   ・赤山地下壕

                     ・金成竜氏の3事業所

学習・観光・レジャー等の魅力あるスポットとしてPR

「6つの特典ありで、1,500枚のワッペンは完売!!

 

★特典の効果  事業所側・今までとは違う客層の来場・入場が見られた

            ・利用率が上がり、利益につながった

★第16回ではワッペンの有効期間が延長 館山市=12/28迄

                 金成竜氏-翌年の前日迄

 

⒍情報網の拡大と地域密着の姿勢の保持

★第17回のワッペン特典に2団体が加わる(8月末まで利用可)

①鴨川シーワールド  入園料金特割    大人2,800円

             (1枚で5人まで可) 小人1,000円

②「千里の風」プールの無料開放

★第18回もワッペン特典参加団体は6団体。同じ内容で継続

★具体的な努力点

 ⓵演目内容の質の向上・マンネリ化の防止→実行委員の努力

 東京のイベントに参加 

 人脈作り ……… 関西・東京・横浜の人と知り合い、出演を依頼

 「わたぐも」さんの例

 翌日市教委主催の「出前」として地元幼稚園保育園に派遣

 ②みんなで考え・前向きに検討→良いアイデアを尊重して採用

 ③絶えず新しい仲間を増やして行く→地元で買い物→味方を増やす

      • 温かい絆の醸成  ★実行委員会の強化
7.新たな出発を目指して

こうして第21回まで進んできた「あわ夢まつり」ですが、

目まぐるしい時代の変化にふさわしい運営の仕方を考えることが

必要になって来ました。

具体的には、

★「あわ夢まつり」のホームページを作りました。是非ご覧ください。

★形をシンプルにして、事務的な仕事を出来るだけ簡素化する。

     ⓵ワッペン廃止……誰でも、無料で参加できます。

     ②プログラム冊子は作らない。プログラムは1枚だけ

     ③広告取り無し。賛助金は、別の方法で

★今まで、300円のワッペンを売ることで「営利事業」とみなされ、さまざまな苦労をしましたが、補助金もそれなりにいただけました。今後は、どうなるか、まさに、正念場を迎えます。

★私達は、時代がどう変わろうとも、

「子ども達のための優れた文化・芸術」を

南総文化ホールで展開して行く覚悟です

 

どうぞ、ご理解・ご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

 

『あわ夢まつり』実行委員長       松苗禮子

Copyright © 2020 あわ夢まつり All Rights Reserved.